草木染めこびと・板フェルト

IMG_1828

羊毛を毛の流れに沿って少しずつふわっと取り、空気の層のように重ねていき、石鹸とお湯で丹念にフェルト化していく。
力を入れ過ぎるでもなく、手が軽すぎては羊毛の変化のタイミングを逃す。
こびとの洋服となる素材なので、厚すぎても薄すぎてもだめ。
時間をかけたからといって良いものが出来るとは限らない。
と、手仕事のポイントが詰まっているアイテムです。
人は昔、こうやって着るものを綿から糸を紡ぎ織っていて、
そう、
私たちの手はなんだって作れるんだという誇りを改めて教えてくれる手仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です