手仕事の会一般公開「羊毛ボール」

36533218_1984649031566210_703382842696007680_o

当園教師である宮地陽子先生を迎え、手仕事の基本、羊毛ボールを作りました。
宮地先生の何年経っても乱れない、魔法のような羊毛ボールの秘密は丁寧な仕上げにありました。
まず羊毛をしっかり巻きこんでボールを作ったら石鹸と湯を使って
赤ちゃんを沐浴させるように優しく
時にはエステのように泡でふんわり包んで
最後はしっかりと圧力をかけて
子どもを育てるように、焦らずゆっくりと仕上げます。
仕上がった色とりどりの羊毛ボールは、硬くしまって安定感があり、表面は滑らかです。
手応えを得たら、あとは練習、練習。
繰り返すことが上達の近道です。
たくさんの羊毛ボールで子どもたちはどんな遊びができるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です