みつろうろうそく・たまご

Photo131

ミツバチは花の蜜を集めます。蜜は、花が太陽からの恵みを受けて咲かせる花の中にあるのです。
「こどもの園」では、子どもたちとみつろうのろうそく作りをします。急ぐと太らない。早く太くしようと、熱いみつろうの中に入れておくと、溶けてしまい、だんだん細くなる。
熱いみつろうの液から出し忘れたり、あるいは入れ忘れててほったらかしになるものも。
発見が多く、楽しい作業です。
みつろうのろうそくには、通常のろうそくには付き物の消したあとに残る臭みがありません。良い香りが部屋を満たし、香りと共に体験できる季節感があります。
今回は、手で成形するたまごろうそくを作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です