かご編み

かご

かご編みの作業は水を使うため、冬に行うと指先などがとても冷たく痛いので、主に春から夏にかけての手仕事に向きます。

園では、たらいに水を張り、朝から籐を水に浸けておきます。外遊びの時に丸太に腰を下ろし、たらいを足元に置き、作業を始めます。

市販品で安くて質の良いかごが手に入りますが、自分で作ると必要なサイズのものができますから、便利でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です