こどもの園について
教育
保育内容
入園案内
地図
インフォメーション
オリジナル冊子、会報バックナンバー
リンク集
お問い合わせ

横浜シュタイナー保育園のページはこちらから



手仕事の会のページができました。

在園保護者有志による手仕事の会の活動を紹介しています。
2016年度の予定もこちらから。



facebookをスタートしました

園の日々の様子を記しています。
ご覧下さい。



◇横浜シュタイナーこどもの園は 2009年に開園20周年を迎えました。

自由への教育
20周年記念講演「自由への教育」
~こどもからのおとなへの道標~
入間 カイ


「一生を通じて学びつづける力を育てる」
-第2七年期の教育課題-
松田 仁 著

最新情報

新着

横浜シュタイナー保育園にて、保育士(正規職員・非常勤職員)を募集します。

2015年4月に開園した「横浜シュタイナー保育園」にて保育士を募集しています。

事業所名:横浜シュタイナー保育園(横浜市認可保育事業 小規模保育園)
所在地:〒221-0841 横浜市神奈川区松本町5-36-10
職種:①保育士1名 ②保育スタッフ1名
雇用形態:①正規職員 ②非常勤職員
必要な経験:①保育士経験者 ②保育経験者または子育て経験者
必要な資格等:①保育士資格 ②保育士資格は必要ありませんが、資格をお持ちでない方は入職後に所定の研修を受けていただきます。
待遇詳細、応募方法、その他ご質問につきましては保育園事務室へお問い合わせください。
なお、誠に勝手ながら、お問い合わせはメールのみの受付とさせていただきます。
問い合わせ先:info@y-steiner-hoikuen.com(保育園事務室) 

新着

●アドヴェントのつどい

2部満席となりました。 就園児のお子さんも1部でのご予約はお受けできます。
今年も園ではアドヴェントのつどいを行います。クリスマスを待ちわびる静かなひととき。
ライヤーの優しい音色に包まれる心穏やかな時間を共に過ごしましょう。
開催日時:2016年11月27日(日)
1部:10:00開場 10:15開演(未就園のお子さん向け)
2部:11:00開場 11:15開演(就園以上のお子さん向け)
参加費:大人700円 子ども300円
詳細:こちらのページ

新着

●2017年度新入園児募集について

入園説明会:全日程終了しました。
お問い合わせ:info@y-steiner-kodomo.com

新着

●未就園児クラス 参加募集中

2歳こどもクラス(ひまわりクラス)
2016年度は水・木曜日開催となります。 ※曜日と時間を選べます
未就園親子クラス(たんぽぽクラス)
2016年度は火曜日開催となります。

参加募集中です。クラスによっては若干名の募集となります。
体験入会など、見学は随時受付けていますのでお問い合わせ下さい。
info@y-steiner-kodomo.com

新しく、横浜市認可保育事業としての保育園を開園いたしました

NPO法人 横浜シュタイナーこどもの園を育てる会では、
これまで通り3歳から5歳までの就学前のお子さんの保育と、未就園のお子さんのためのクラスを、
横浜シュタイナーこどもの園にて継続して行います。
そして新たに、2015年度から始まる子育て新制度の下、小規模保育事業として横浜市から認可を受け、
反町駅から徒歩10分、本園 「こどもの園」ともほど近い場所に、新たに保育園を開園することになりました。
只今、開園へ向けて準備を進めています。
働く方々が安心してお子さんを預けられる、家庭のような暖かさのある場所にしていきたいと思っています。

2015年4月開園
名称:横浜シュタイナー保育園
住所:横浜市神奈川区松本町5-36-10
開園時間:月曜日から土曜日までの7時~18時まで
対象年齢:1歳児及び2歳児
定員:1歳児、2歳児合わせて12名
見学等お問い合わせは:info@y-steiner-hoikuen.com
公式サイト:www.y-steiner-hoikuen.com

東日本大震災で被災された方 また 友人知人をなくされたかた
 色々な不安の渦の中に居る方へ 心の平安を 祈ります

ルドルフ・シュタイナー「受容のための祈り」

何が来ようとも、次の時間、次の日が私に何をもたらそうとも、
とりあえず私にはそれがなんであるのかわからないとしても、
不安や恐れによってそれを変える事はできない。
私はそれを完璧なる内的な魂の平静によって、
完全に海の様に静かな心情と ともに待ち受ける……。

私たちの進化は恐れと不安によって妨げられ、
不安と恐れの波によって、
未来から 私たちの魂に入ってこようとするものを退けてしまう…。

出来事において神的叡智とよばれるものに帰依すること。

来るべきものは、そうあるしかなく、
それは何らかの方向において良き働きを持つはずだという、
考えと感情 と心情生活の力を、繰り返し自分の中に呼び起こす事。

この気分を魂の中に呼び起こし、
それを言葉と感情と理念において生き抜く事、
それが受容のための祈りの気分である。

ルドルフ・シュタイナー (輿石祥三・香川裕子訳)
「祈りの本質」ベルリン 1910年2月17日より


日本シュタイナー幼児教育協会のインフォメーションページより
最新情報
子どもに災害をどう伝えるか
こどもたちを守ること 等の情報もあります。ご覧ください。

「共育ち・ひなた」のお知らせ

2006年11月から2008年3月まで幼稚園で行われた「親と子の共育ち支援の集い」が園から独立し、
「共育ち・ひなた」として新たに始まりました。
詳しくはこちらをご覧ください。